鷹ノ巣山の紅葉

大分の山友、natsucocoさんより「鷹ノ巣山へ行きたいのだけど~~」とのことで野峠にて待ち合わせ。

Iさん、Oさんと3人でお出でになりました^^  野峠に一台デポ。  我が家の車で薬師峠へと移動。

やはり好天の祭日ですね。もう駐車できる場所は車でいっぱい。

空き地を見つけ、縦列駐車で車を入れると後の車から「おはようございます!」の声。

見ると「カラスさん」やはり鷹ノ巣山へ行かれるということで、「山は道連れ」で御一緒しました。

109回目:11月3日(月)      鷹ノ巣山     天気:晴れ     6名
ルート:駐車地点(9:07)→鷹ノ巣山登山口(9:11)→一ノ岳(9:30)→二ノ岳
     (10:08)→三ノ岳(10:49~10:58)→天狗の舞台(11:26~11:55、昼食)
     →下山・35番カーブ地点(12:40)

三ノ岳を背景に
e0164643_13572246.jpg


登山準備をしていると団体さんが通られましたが、その中に知り合いがいました。裏英彦山だとのこと。

駐停車しているこの車の方々は、裏英彦山かな?、それとも鷹ノ巣山?

振り返って見る望雲台、登山口より入山。岩場を通って急登を登ると一ノ岳の山頂。
e0164643_14131332.jpg


e0164643_1416273.jpg


ロープを伝って一ノ岳を下り、二ノ岳へ。二ノ岳へは両サイド切れ落ちた岩を登ります。今日は風があるので要注意。左の上は一の岳。下は二ノ岳と三ノ岳。
e0164643_14233520.jpg


一ノ岳と北岳。やはり北岳の紅葉はもう終焉のようですね。
e0164643_1433345.jpg


二ノ岳に到着。以前なかった山頂標識がありました。二ノ岳の岩場を下り、三ノ岳へ。
e0164643_14352780.jpg

e0164643_1438249.jpg


テラスからの展望。谷の紅葉がきれいですねぇ~(^O^)/
e0164643_1439297.jpg


三ノ岳にて記念撮影(カラスさんよりいただきました)。ランチタイムに最適のテラスは先客がいましたので、野峠方面へと進み、天狗の舞台へ。岩石山の八畳岩より広いかな。
e0164643_1444359.jpg


以前歩いたかすかな記憶を辿って、岩の痩せ尾根に到着。この景色、見覚えありました^^

本来そのあとは植林の中の急登があるのですが、どう間違えたのか、谷筋を下っています。

「35番カーブ」に出るとのことで、そのまま下ることに~~
e0164643_14494554.jpg


車のデポ位置の手前ですが、Iさんが車の回収に。運転手のみを乗せて薬師峠へ。

ここで御一緒したカラスさんとはお別れ。カラスさんお世話になりました。楽しかったですよ~~♪

このあと、「やまくにかかしワールド」へ。1・2・8番を見ましたが、いやぁ~懐かしい光景でしたね。
e0164643_1503969.jpg


e0164643_1505151.jpg


大分の山友は鷹ノ巣山 初めてとのこと。とっても喜んでいただきました。
Commented by natsucoco17 at 2014-11-05 21:57
鷹ノ巣山では、大変お世話になりました。今回もとっても素敵なルートを案内していただき、天気にも恵まれ、山道もおしゃべりも楽しくって、山っていいなぁと毎度のことながらしみじみしています。ありがとうございました。
かかしワールドは、かかしさんの結婚式も行われていたんですね~。全て見ようと思うと1日かかっちゃいますね。
Commented by nobucyansyuncyan at 2014-11-07 15:01
こんにちは。
鷹ノ巣山、登り甲斐のある山だったでしょう!
また春の季節にもお出でてください。
ミツバツツジ、シャクナゲも綺麗ですよ~~♪
かかしワールド、1番で「どこがお薦めですか?」と聞くと「8番がいいですよ」とのことで出かけました。
2か3で結婚式などのかかしさんがありました。
8番はた~くさんのかかしのモニュメントがありましたよ~
全部見て回るとなると大変ですよね。
Commented by 大分のI at 2014-11-07 17:25 x
大分のIです。鷹巣山の縦走ではお世話になりました。我々だけだとたぶん登山口からピストンだったと思います。変化に富んだ鷹巣山を充分堪能できました。ありがとうございました。また山で会える日を!
Commented by nobucyansyuncyan at 2014-11-07 21:01
大分のIさん、ようこそ英彦山へ~
鷹ノ巣山、コンパクトだけど、とってもいい山でしょう!
縦走路、野峠までの予定でしたが、途中で何故だか下山になってしまいました。
車道歩きをさせてしまい、申し訳ありませんでしたね。
英彦山、平尾台へとまたお出でくださいね。
by nobucyansyuncyan | 2014-11-05 15:13 | 英彦山系 | Comments(4)