彦岳、鎮南山へ

97回目:11月30日(火)    彦岳(639.3m)、鎮南山(536.4m)   天気:晴れ  2名

午前の部:彦岳・浅海井(あざむい)コース
ルート:登山口(9:40)→満徳広場→彦岳山頂(10:30~11:10)→登山口(11:45)

26日に登った元越山から眺めた彦岳の山容がきれいだったので、またまた大分県の南部の山へと出かけてきました。

一座だけでは物足りないので、計画を練り、鎮南山を組込んで~~

今回も「九州・大分付近の楽しい山ある記」を参考にさせていただきました。

彦岳の登山口、いろんなコースがあるようです。

浅海井コースがガイドブックにも載っていないコースだとのことでそれを歩くことにしました。

26日に通った尺間山林道の途中に彦岳への道があったので、津久見I・Cで降り、R217から県道36号へと向かい、尺間山林道に入る。

途中、彦ノ内コースに出合う。それを過ぎ、しばらく走ると彦岳林道への分岐となる。

分岐を左折し、くねくねとした道を走り、名前は定かではないが「川床コース」(?)、しばらく進むと「狩生コース」の入口がありました。それからまたぐるーと走りこんだところに「浅海井コース」の登山口。
e0164643_2311678.jpg

e0164643_2331537.jpg

e0164643_234359.jpg

歩き始めてすぐは谷沿いの少し荒れた道を歩きます。


ほんの少し植林の道になり、


このような階段状の道が続きます。


案内板にあるように山頂まで1.3キロ、1.1キロなどの表示があります。






尾根に出ると、気持のよい稜線歩き。
e0164643_23115633.jpg

e0164643_2314561.jpg
ほぼ予定通りの時間に山頂に着きました。

山頂にある彦岳権現社です。
e0164643_23211820.jpg

山頂には春にはオキナグサが咲き、それを目当てに登る方が多いとのことでしたが、丁度1人の登山者にお会いしましたが「地元の者ですが知りませんでした~」

e0164643_2329575.jpg
豊後水道の眺めも素晴らしく、お山の展望も・・・・と思っていたのですが、霞んでいて、26日よりも悪かったようです。

なかなかお天気も・・・・・

展望も・・・・・

と言うのは難しいですねぇ~

いつものように早目のお昼を済ませ、また来た道を戻ります。

登山口に到着。まだ12時前です。
e0164643_23355962.jpg

これから鎮南山の登山口へと移動。

今度は浅海井の町を目指して、林道を下ります。

道幅が少し狭くなってきましたねぇ~

海岸線の217を走り、津久見へ。

午後からの鎮南山へ~~

続きます。
by nobucyansyuncyan | 2010-12-01 23:45 | 大分県の山 | Comments(0)