午後から尺間山へ

11月26日の続きです

(社)日本山岳会東九州支部編の「大分百山」の尺間山の項を見ると、尺間山は「霊峰尺間」として親しまれている信仰の山で、尺間の名前の起こりは釋魔、つまり魔を釋くという意味だそうです。
e0164643_21104219.jpg

e0164643_21115958.jpg

第1駐車場には国木田独歩の碑がありました。

ぐるっと周回しようかなと思いましたが、1時間40分かかるので、ここは400段の石段をピストンしようということで、第2駐車場へと移動。
e0164643_2122456.jpg

e0164643_21225263.jpg
400段の石段、見上げると「ワァーきつそう!」

元越山は短時間の歩きだったけどー

この400はしんどいだろうなぁ~

ゆっくりと幅の狭い石段を歩く

200段目で少し広くなっていました

一休みしなさいということでしょう^^









登りきると展望所が・・・・天見ヶ原     彦岳が見えています。
e0164643_21305699.jpg

e0164643_2132304.jpg

e0164643_21354595.jpg

e0164643_21362421.jpg
山頂の神社でおみくじを買う相方さん

登りの400段はきついながらも休憩なしで上がりました^^

下りは要注意!!

石段の幅が狭いので大股で歩かないよう~~

気をつけて歩きました^^


尺間山、下から歩く道もありますが、今回は楽チンモードで~~


津久見I・Cより入り、別府S・Aで休憩。

早目の帰宅となりました。
Commented by 悟空の笑顔 at 2010-11-29 00:55 x
400段ですか^^宝満山の階段が大嫌いですが
登ってみたくなりますね^^
3333の日本一の階段も登りたいのですが誰も賛成しません--;
とても奥が深い歴史ある山のように感じて興味がありますね。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2010-11-29 15:46 x
悟空の笑顔さん、こんにちは。
この石段、見上げると「ワオー!」という感じです^^
登りより下りの方が要注意でしたねぇ~
3333段の石段は途中、東屋もあったりしていつの間にか上がったねぇ~と思いますよ^^
今度、空手の練習でチャレンジしてくださ~い(^^ゞ
by nobucyansyuncyan | 2010-11-27 21:53 | 大分県の山 | Comments(2)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
プロフィールを見る
画像一覧