山陰の山旅

3日目
77回目:9月21日(月)    川床~船上山縦走     天気:晴れ     2名
ルート:川床(7:10)→岩伏分れ(7:47~7:52)→大休峠・1112m(8:47~8:52)→
     矢筈ヶ山・1358.6m(9:47~9:52)→小矢筈ヶ山(10:17~10:20)→甲ヶ山・
     1338m(11:14~11:24)→昼食(11:35~12:00)→勝田ヶ山・1210m(12:
     25~12:31)→船上神社・815.6m(13:52~13:55)→千丈のぞき(14:10~
     14:22)→東坂登山口(14:45)

昨夜、相方さんと話し合った結果、縦走はしたいけど下山後の足の確保が問題・・・?
下山後、車のところまで歩いて帰るには約13.5キロ。大変だぁ~~
行けるところまで行って、時間を計算して、あと戻るか~~??

登山口の川床で携帯でタクシー会社に電話すると、通じました~~
15時ごろ、東坂登山口に来てもらうよう手配をしました。これで縦走ができます(^O^)/

岩伏分れで香取方面から来られたご夫婦の方と大休峠までご一緒しました。
自分たちは矢筈ヶ山までのピストン。小矢筈ヶ山の登りが怖いーー、そのあとの甲ヶ山の前後の岩場が・・・と話されます。一応、本やネットで情報は仕入れていますが・・・・??   大丈夫だろうか~~

岩伏分れから大休峠までは石畳の道が続きます。ブナがきれいです!!e0164643_2118549.jpg
e0164643_21194212.jpg

e0164643_21221867.jpg

大休峠に到着。避難小屋があります。中を覗くときれいです。会の山行計画ではここに宿泊予定だそうです。
e0164643_21262063.jpg
e0164643_21263971.jpg

大休峠からは急登が続きます。途中で見かけたブナの木です。芸術作品ですねぇ~
e0164643_21305623.jpg
ほぼ予定通りに矢筈ヶ山(やはずがせん)に着きました。問題はここからですねぇ~
e0164643_2136481.jpg

石鎚山の天狗峰みたいです。昨日の烏ヶ山も見えています。
e0164643_21375142.jpg
e0164643_2139265.jpg

先ほどのご夫婦は「気を付けなさいよ」。
「はい、無理はしません。危ないと思ったら引き返します。」で行動食をお腹に入れ、気合を入れて出発です。

無事、クリア~~。小矢筈ヶ山の山頂で手を振りました。

矢筈ヶ山と小矢筈ヶ山をバックに
e0164643_2147281.jpg

甲ヶ山(かぶとがせん)への登りです。
e0164643_21502649.jpg

甲ヶ山と勝田ヶ山(かつたがせん)の間にある通称「ゴジラの背」です。本によると50~60mぐらいあるそうです。石の上を歩いたり、越えたりと注意深く、足場を探して無事、通過~~
e0164643_21584310.jpg

私たちが渡るとき、待ってくれていたグループの方が歩き始めました。今日は山頂標識を設置するために来られたそうです。ご苦労様です<(_ _)>
e0164643_224962.jpg

e0164643_22154424.jpg大きなブナの木がありました。

そろそろ紅葉も始まっています。ナナカマドの赤い実が青空に映えます。
e0164643_22122834.jpg

e0164643_22125651.jpg下調べによると、船上神社を過ぎてから「千丈のぞき」といって岩上から屏風岩が見えるところがあるそうで、15時までに間に合いそうなので行ってみることにしました。
ぐんぐん下ります。「まだ下るのかねぇ~」と話していたら目の前が開け、テラスになっています。
いい眺めでしたけど、登りがきつかった~~(>_<)



e0164643_2250316.jpg

14時45分に東坂登山口に到着し、15時予約のタクシーにも間に合いました。
ここ、船上山は後醍醐天皇にまつわる史蹟が多いですね。
e0164643_22442632.jpg

入山地の川床に無事、帰りつきました。タクシー代は3740円か3760円だったようで、チップも入れて4000円支払いました(^^ゞ
大山寺に移動して「大山館」でお風呂に入って、今日一日の汗を流し、さっぱりとしたのですが、溝口I・Cから入った米子自動車道は渋滞真っ只中ーー   前に進みません(>_<)
渋滞中に撮った伯耆大山です。烏ヶ山も・・・小さく見えてます。
e0164643_2372727.jpg


この3日間、お天気に恵まれ、高速代も3000円。走行距離約1200キロでした。

三瓶山は私は2回目ですが、あとは全部お初の山でした。相方さんは全部お初^^

楽しい、少しハードな山陰の山旅でした。
by nobucyansyuncyan | 2009-09-24 23:21 | 中国地方の山 | Comments(0)