山口県の山、陶ヶ岳~火の山~亀山縦走

73回目:9月7日(月)  ミニ八ヶ岳・・・岩屋山(218m)、北Ⅲピーク、陶ヶ岳(230m)、
     北Ⅰピーク、火の山(303.6m)、梅ノ木山(280m)、遠下山(250m)、亀山
     (300m)       天気:晴れ      4名
ルート:陶ヶ岳登山口駐車場(9:30))→潟上(かたがみ)中学校横(9:50)→鯨岩(10:15
    ~10:22)→岩屋山(10:40~10:47)→陶ヶ岳(11:25~12:12)→火の山(13:
    03~13:20)→梅ノ木山(13:34~14:37))→亀山(14:22~14:30)→セミナー
    センター(15:00)→出発地駐車場(15:30)

S・TAROUさんより「7日は凧さんとの山行で、ミニ八ヶ岳と呼ばれている陶ヶ岳~火の山縦走に行きませんか~」とのお誘いで、ご一緒させていただきました。

今日も抜けるような真っ青な空、暑くなるだろうな~と水分を余分に用意する。

ETCの通勤割引を利用して、高速代は半額でした(^^ゞ

陶ヶ岳登山口である松永周甫薬草園跡の駐車場に 9:30 集合でしたが、その時間には出発OKでした。久しぶりに凧さんとご一緒します。

e0164643_21474642.jpg
e0164643_21495279.jpg










潟上中学校横からの登山道を歩き始めます。入口に(陶来楽夢山歩登山口)とありますが、何と読むのだろう、わかりません??  帰ってからネットで調べました。どうも(すくらむ)と読むようです。

歩き始めの道は湿地帯で「ミミカキグサ」がたくさん咲いていました。平尾台でサギソウと一緒に咲いているのを見かけましたので、ここにもサギソウはないかと探しましたがありませんでしたーー

この道はこの時期はあまり歩かれてないようで、シダが生い茂り、足元に気をつけると顔にクモの巣がべたー・・・ (>_<)   ストックで払いながら、の歩きでした。
e0164643_2263611.jpg

鯨岩に到着。展望は抜群!! 田んぼか畑か分りませんが、きれいに碁盤の目のように区切られていました。
e0164643_22381875.jpg

(北Ⅳピーク)の岩屋山へは大展望岩を通らずに直登コースをあえぎながら登りました。

e0164643_22313645.jpg
(北Ⅲピーク)の展望地で岩屋山西斜面の岩場を眺め、(北Ⅱピーク)の陶ヶ岳はついうっかりして縦走路は通らずに小屋がある「肩の広場」に来てしまいました。ここは2回ほど岩登りの練習(?)で来ました。

凧さん達を早速岩場へと案内しました。この陶ヶ岳は「山口県岩登り発祥の地」だそうで、国体ルートなどいろんなルートがあるようです。

岩登りは少しかじった程度なので、グレードとかは全くわかりません???





陶ヶ岳で昼食タイム。久しぶりに凧あげを見られるかな? 
風が弱くて、すぐに下りてきます。5~6回トライしますが、高~くは上がりません。残念。。。
e0164643_22433787.jpg

e0164643_2252176.jpg陶ヶ岳の山頂でのS・TAROUさんです。    すごく高度感があるでしょう!!

(北Ⅰピーク)を過ぎ、火の山への縦走路を歩きますが、この頃よりなかなか足が進みませんーー

火の山の山頂で「このまま下りましょうか?の提案がありましたが、「もう少し頑張りましょう!」と返事をして・・・・
展望を楽しむふりをして休憩(^^ゞ

(南Ⅰのピーク)の梅ノ木山で凍らせた麦茶のペットボトルをナイフで半分に切り、氷をガリガリ。体温が上昇しているので冷やします。  生き返りました!!

(南Ⅱのピーク)の遠下山を何とか歩き、(南Ⅲピーク)の亀山にやっと着きました。ここでまた凍ったペットボトルの登場です。すると凧さんが折りたたみの鋸をザックから出しました。 切れ味抜群。 4等分にします。

凧さんのザックは「ドラエモンのポケット」です。 カイト・鋸などが出てきます。 次回は何が出るか楽しみです(^^♪

亀山の山頂からの眺望は抜群でした!!  由布岳が見えています。その左手にあるのは国東の山のようです。島は姫島だと思いますが、見えます。

少し戻り、亀山セミナーパークコースで下山です。車道を歩いて出発点の駐車場へと戻ります。途中コンビニがあり、足はそちらの方へ・・・・   皆さん水分補給です。
e0164643_23363629.jpg


今回のお山です。低山とはいえ、暑くてきつかったです。。。。
e0164643_2339822.jpg


本当は仁光寺コースを下りて縦走を完走したかったでしょうが、やはりこの時期、長い車道歩きはこたえます。涼しくなったら再挑戦!??
Commented by 豊津の信ちゃん at 2009-09-11 11:22 x
ミラさん、こんにちわ~

久しぶりの訪問、有難うございました。
ミラさんの声(??)が聞こえないと、寂しいですね~

秋の裏英彦山をご一緒にと思っていたのですが、暫くはリハビリに専念されて、ゆっくり直してくださいね。焦りは禁物で~す。

気晴らしに「信ちゃん邸」に遊びに来ませんか~~
Commented by tarohazuki8580 at 2009-09-11 17:43
豊津の信ちゃん 先日は大変お世話になりました。
後半は暑さで完全にバテました~(笑)
あの2本の魔法の氷のお陰です。
以後この暑さが続く間は氷を持っていくことにします。
  
陶来楽夢はスクラムと読むんですね。でもどういう意味なんだろう。
  
今度は紅葉の時期ですね。またよろしくお願いします。
  
ミラさん こんにちわ。信ちゃんからお話はお聞きしていましたがブログの写真を見てびっくりしました。
早く好くなられて、また花のレポなどをお願いします。
by nobucyansyuncyan | 2009-09-10 23:48 | 中国地方の山 | Comments(2)