信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

鶴見山系・伽藍岳~内山

46回目:5月23日(土)   伽藍岳(1045.3m)・内山(1275.4m)・大平山(扇山、810m)
     天気:晴れ      6名
ルート:明礬温泉・鍋山湯源郷(8:23)→カラスの湯(8:23)→塚原越(10:06)→伽藍岳
    (10:25~10:30)→西峰(10:52~11:22、昼食)→塚原越(11:51)→石楠花尾根
    分岐(13:10)→内山(13:14~13:35)→石楠花尾根分岐(13:37)→大平山分岐
    (15:07~15:14)→大平山(15:20~15:45)→明礬温泉分岐(15:50)→蛇湯
    (16:11)→鍋山湯源郷(16:40)

「遊山歩」の例会で上記ルートの周回登山です。本来は17日でしたが、雨の為、延期。私共も別口の会の山行で不参加としていましたが、23日は用事もない事だし、カラスの湯から塚原越・内山から石楠花尾根は未踏でしたので歩いてきました。
「道の駅・おこしかけ」に7時集合。宇佐より別府まで高速を利用し、明礬温泉の秘湯「カラスの湯」を目指します。昔の温泉場の名残の「鍋山湯源郷」の空き地に車を停めます。岡山ナンバーの車も停まっています。山かな?秘湯巡りかな?
歩き始めてすぐ風呂上りの4~5名の方とすれ違う。後学の為にと「カラスの湯」を見物。何の囲いもない、本当の露天風呂・・・我々女性は・・・遠慮しま~す。露天風呂から見た鶴見岳と今日、最後に登る大平山です。
e0164643_21491433.jpg
e0164643_2149412.jpg

奥の2ヶ所は泥湯。手前の2ヶ所は透明で、その手前のお風呂の前が登山道のようです。男性2名が入浴中でした~  その前を失礼して通りました~(^_^;)
枯れた沢に取り付き、登山道らしからぬ荒れた道を歩いて進みました
e0164643_21564973.jpg
e0164643_2157523.jpg

新緑がきれいだが、登り一辺倒の「断層尾根」を進みます。  けっこう、きつーいです(^_^;)
e0164643_221192.jpg

どうにか縦走路出合いに辿り着き、塚原越から伽藍岳へ。ミヤマキリシマがほぼ満開状態に咲いています。小休止の後、西峰へ。由布岳、これから登る内山が目の前に・・・・ 「腹が減っては・・・」ということで、西峰直下できれいなお花を眺めながら昼食タイムです。
e0164643_229137.jpg

内山への登りで~す。大きな木の根っこ・・・男性と女性、コンパスの差がありますね~
e0164643_22153690.jpg

石楠花尾根の分岐から一登りで内山に到着です。鶴見岳への縦走路、由布岳の展望を楽しんで分岐へと戻ります。これからのルートは皆、初めてです。シャクナゲの咲いたあともありました。結構、木が大きかったですね~。咲いていたらさぞかしきれいだったことでしょう!岩尾根の急坂が続きます。足元に注意をして転ばないよう、細心の注意です。
e0164643_2228433.jpg
e0164643_22301015.jpg


大平山・明礬温泉の分岐に到着です。急坂を一気に下ったのでちょっと一休み(^^ゞ
大平山へと進み、別府湾を眺め、三角点捜しです~  ここは山頂標識から離れたところにあるらしいです。本では少し下ったところと書いていましたが、私たちは下りすぎてました・・・・MORIさんの奥さんが林の中にある三角点を探し当て、無事タッチ!
いよいよこれからは下るのみ。分岐に戻り、明礬温泉へと・・・・  途中、これまた秘湯の「蛇湯」を見て通り~~(男性が入浴中でした・・・道から丸見え~~)、  恵比寿社を過ぎて鍋山の駐車場にやっと到着です。
途中で見かけたお花です。ギンラン、ミヤマキリシマ、サイハイラン、シライトソウ
e0164643_22454578.jpg
e0164643_22461360.jpg

e0164643_22464026.jpg
e0164643_2247166.jpg

鶴見岳から伽藍岳は2~3年前、縦走したことはありますが、今日のこのコースは結構、しんどかったです。急登に次ぐ急登、下りもまた急で、新緑とお花に疲れを癒されました~(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2009-05-25 23:07 | 大分県の山 | Comments(1)
Commented by ミラ at 2009-05-26 20:45 x
豊津の信ちゃんさん、こんばんは~☆
昨日はお役に立てましたか。。。。?少々私もトロいので今後とも宜しくです~♪

しかしお元気!!
「膝痛」大先輩、頼もしい限りです~(*^^*)
私もボチボチストレッチ&○○○で頑張ります~(笑)

先日のレポ「洗谷コース」S・TAROUさんにはきっと思い出して頂いたことでしょう~^^♪
それにしても結構なコースだったんですね~^^;;
あの頃は若かった~(笑)